パワハラ・セクハラ

社会保険労務士法人プラスワン セクシャルハラスメント・パワーハラスメントのご相談はお気軽に[旭川] セクハラ・パワハラ問題

パワハラ・セクハラ
社会保険労務士法人プラスワン 070-0902 北海道旭川市春光町10番地
電話 0166-55-2522
FAX 0166-73-7745
パワハラ・セクハラ
旭川市の社労士 事業所案内 業務案内 お知らせ 交通案内 お問い合わせ
パワハラ・セクハラ
旭川のコンサル パワハラ・セクハラ
旭川の社労士
事業所案内       
業務案内        
 労働相談      
 セクハラ・パワハラ問題
 マタハラ防止措置
 就業規則      
 外国人技能実習生   
お知らせ       
アクセス・交通案内   
お問い合わせ     
個人情報保護方針    
リンク          
サイトマップ       
ホームへ戻る      

[春光事務所]

[8条事務所]
セクハラ・パワハラ
セクハラ・パワハラ

セクハラ・パワハラ問題について 予防・解決いたします

 受任業務について

旭川 職場のセクハラ・パワハラを防止するための就業規則の整備
旭川 セクハラ又はパワハラ発生の予防を目的とした研修講師(一般企業様向け)
旭川 労使紛争となった場合の北海道労働局のあっせん制度、調停制度等における紛争解決手続代理業務
特定社会保険労務士
社労士旭川

セクハラの裁判例について

旭川 ケースバイケースですが、
訴訟になれば150〜300万円の慰謝料が認められるケースが多い。
事業主の事後対応に不備があれば、加害者よりも多くの慰謝料を
会社が負担させられることもあります。
  例:慰謝料として加害者200万円、会社300万円の支払命令。
羽川社会保険労務士事務所
旭川 セクハラの対応が酷ければ、750万円、1100万円といった
高額の慰謝料が認められるケースもあり。
逸失利益が認められると賠償額は高額化することになります。
  例:慰謝料に加え、逸失利益として6ヶ月〜1年分の
    賃金相当額の支払い命令も加わる。
space-3
社労士旭川

厚労省によるセクハラ・パワハラの予防・解決に向けた施策について

space-3
旭川 2007年4月1日/ 改正男女雇用機会均等法
    ⇒(第11条)事業主のセクハラ防止措置義務(事業規模を問わない)
     ※就業規則等への定めが必要。当該防止措置を取っていないと、
     北海道労働局による助言・指導・勧告の対象ともなり得る。
     また、その対応を怠ると、過料が課されたり企業名の公表がなされる場合もある。

羽川社会保険労務士事務所
旭川 2012年1月30日/ 職場のパワーハラスメントの概念と行為類型
    職場のパワーハラスメントの概念と行為類型
    ⇒(職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議ワーキンググループ報告)

羽川社会保険労務士事務所
旭川 2012年3月15日/ 職場のパワーハラスメントの予防・解決に向けた提言
    職場のパワーハラスメントの予防・解決
    職場のパワーハラスメントの予防・解決
    ⇒(職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議)

羽川社会保険労務士事務所
羽川社会保険労務士事務所
社労士旭川

セクハラ・パワハラの実態

space-3
旭川 職場のパワハラに関する実態調査報告(2012年12月12日 厚労省)
(北海道新聞・朝刊  2012年12月13日付で掲載)
※厚生労働省では、パワハラの予防解決に向けたポータルサイト
「あかるい職場応援団」を開設しています。 → 詳しくはコチラ
旭川 都道府県労働局に寄せられる個別労働紛争相談の内訳
パワハラ
「いじめ・嫌がらせ」のあっせん件数は年々増えてきています。
パワハラ
【厚生労働省 平成25年度個別労働紛争解決制度施行状況より】
 「いじめ・嫌がらせ」の相談が、平成14年度に約6,600件(5.8%)だったのが、
 平成23年度には約45,900件(13.9%)に急増。
 平成25年度には約59,100件となり「解雇」を抜いて第1位。
羽川社会保険労務士事務所
旭川 平成23年度の「脳・心臓疾患と精神障害の労災補償状況」
 精神障害の労災請求件数は1272件で、前年度(1181件)と比べ91件(7.7%)増加。
 業務上認定されたのは325件で、前年度(308件)と比べ17件(5.5%)増加。
 請求件数は3年連続、業務上認定件数は2年連続の増加。ともに過去最高。
   ※平成23年12月に、厚労省から「心理的負荷による精神障害の認定基準」が定められ、
   今後、精神障害による労災認定がされやすくなるのではと予想されている
羽川社会保険労務士事務所
space-3
社労士旭川

セクシュアルハラスメント・パワーハラスメント防止コンサルタント

space-3
旭川 厚労省外郭団体、
財団法人21世紀職業財団認定資格
「セクシュアルハラスメント
・パワーハラスメント防止コンサルタント」
                猫塚 優
旭川初の有資格者。より専門的に、企業を対象としたセクハラ・パワハラを未然に防止するための研修会開催を業務としてお受けすることができます。また、実際に被害にあわれた労働者の方からのご相談にも応じ、事件の解決に向けた手続を行うことも可能です。 セクハラ・パワハラを含む労働事件の相談実績・約500件(平成16年9月〜)
羽川社会保険労務士事務所
パワーハラスメントの予防・解決
旭川 厚労省外郭団体、
財団法人21世紀職業財団認定資格
「セクシュアルハラスメント
・パワーハラスメント防止コンサルタント」
               原田 三恵
旭川で女性初の認定登録者(平成26年3月〜)
女性も相談しやすく配慮しております。
羽川社会保険労務士事務所
パワーハラスメントの予防・解決
認定番号:130552E
space-3
社労士旭川

業務内容について

このような悩みはございませんか?
旭川 従業員からパワハラを受けたと相談があった
旭川 セクハラ・パワハラの相談窓口を設置しなければと考えているが、社内で対応できる部署も人材もない
旭川 セクハラ・パワハラがあったと認定し加害者を懲戒処分したところ、不当な処分だと申し立ててきた
         社労士
     このようなことでお悩みの方は、社会保険労務士法人プラスワンにご相談ください!!
space-3
旭川 企業の人事・労務担当者さまからのご相談をお受けいたします
旭川 セクハラ・パワハラの「外部相談窓口」として、従業員さまからのご相談をお受けいたします
space-3
社労士旭川

顧問契約について

 ■相談受付について
  月〜金の9:00〜17:00の時間帯
  面談での相談時間は1回あたり1時間30分
  夜間の相談は、終了時間は遅くとも21:00まで

 ■顧問料金について
従業員数 料金(月額・税別)
10人未満 10,000円
30人未満 20,000円
50人未満 30,000円
50人以上 別途協議
 ※セクハラ・パワハラに関する法改正や最近の裁判例を定期的に情報提供します
 ※セクハラ・パワハラ問題に関する相談対応のみの顧問料金となります。
  その他の業務を含む顧問料金につきましては、当法人までお問い合わせください。
特定社会保険労務士
パワハラ・セクハラ
お問い合わせ・ご相談はコチラ
パワハラ・セクハラ
パワハラ・セクハラ
ホームへ戻る | セクハラ・パワハラ問題

パワハラ・セクハラ
パワハラ・セクハラ